一関市を観光タクシーでのんびり散策してみよう

岩手県の南端にある一関市は、仙台からはもちろん東京からもアクセスしやすく、人気の観光スポットとなっています。ただ、鉄道やバスの路線や本数が少ないため、訪れる際は注意が必要です。観光タクシーを利用するならば、そのような交通事情を気にせず巡ることができます。もちろん公共交通機関とタクシーの併用や、レンタカーを使って巡ることも不可能ではありません。しかし、何度も乗り継ぐ手間は省きたい、道に迷ってタイムロスが発生する事態を防ぎたいという思いがあるなら、観光タクシーをおすすめします。観光タクシーであればそのような問題がなく、効率的に一関市を観光できます。

会社によって独自のプランを設けているほか、自分たちでコースを自由に決められるフリープランもあります。ドライバーによっては地元の人しか知らないような観光地を教えてくれるため、バスツアーとは違った旅が楽しめるでしょう。また、バスより小回りがきくため、より目的地に近い場所まで連れて行ってくれます。

一関市の自然を堪能したいという方は、ぜひ釣山公園に行ってみることをおすすめします。春は桜、秋は紅葉など、季節ごとの美しい風景を楽しめる公園です。自然を感じながら散策ができますので、家族で訪れるのにも適しています。なお、公園は標高90メートルの丘にあり、眼下に広がる市街地も楽しめます。最寄りの一ノ関駅からは車で5分ほどあれば到着しますが、徒歩では時間がかかりますし、何より体力を使うため、行くなら車がよいでしょう。観光タクシーなら駅はもちろん、宿泊施設などどこにでも迎えに来てくれます。

お酒が好きな方は、田村町にあるお酒の民俗文化博物館にも寄ってみてください。お酒造りに関することや、地元ゆかりの文学者に関する展示などが行われています。そららを見るだけでも勉強になりますが、事前に予約しておくとビール工場の見学や、テイスティングできるツアーにも参加が可能です。レンタカーや自家用車で訪れるとテイスティングは難しいため諦めざるを得ませんが、観光タクシーなら心配ありません。ドライバーが運転してくれるため、誰かに気兼ねすることなく全員でお酒を楽しむことができます。お酒を飲んで眠くなってしまったとしても車内でゆっくりと休めるため問題ありません。公共交通機関と違って貸し切りであるため、寝過ごしてしまう心配も不要です。降車地を宿泊施設に指定しておけば、そのまま宿泊施設まで送ってもらえます。